親が協力的でないジュニア勢のVGC2016 〜JCSまで編〜

前回の記事を見ていただいた方、ありがとうございました!
この記事は前回の続きですので見ていない方は前回の記事から見ていただけると幸いです。
そして、RTやいいねしてくださった方ありがとうございました!


今回は
【あいオフ後のモチベの変化】
【その後のレート】
【JCS】
の3つのトピックについて書きました。



【あいオフ後のモチベの変化】

これはとても大きいものでした。
あいオフには代表決定戦に出られた(ハルカ好きの)クルーズさんや、エーフィ入りでJCS50位以内のふぇいとさんを始めたくさんの強者の方々がいて(勝手に名前を出してすみません...)弟も刺激を受けたのかとてもモチベが上がり

毎日レートに数戦潜るようになりました。


断崖を打つ時に

「当たれ!当たれぇぇ!!!」

と叫ぶようになったり
ダークホールに対して

「避けろっっ!」

と叫ぶようになったりして、
妹や母から「うるさい。」と怒られていたのは内緒です。

弟にポケモンさせてみようかなーって思っている人は、絶対にオフ回に連れていったほうがいいです!


(しかし、兄のHNバレや、数々のオタク要素、R-18要素はしっかりケアしてください。していないと今後の弟君の人生をめちゃくちゃにしてしまいかねません。実際に弟の自己紹介で「...らいと...の弟です...」と言われ、怯んでしまいました。《これは確定怯み。》)


【その後のレート】

弟はモチベが上がったので、JCSまでにレートを100戦ほどこなしてくれました。(叫びながら)

なんとか1650くらいまで上げることが出来ていて

まぁジュニアやしこんなもんかなぁ(プレイングがジュニア以下並感...号泣)

と思いながら「JCSまでに完璧にするぞ!」と意気込んでいました。




【JCS】
待ちに待ったJCSが開催されました。

一昨年は全く練習せず、さらにガルーラのメインウェポンがグロパン(恩返しのためのなつきがうんちだった)で挑み50位台

去年も全く練習せず、雨で挑み70位

というように毎年悔しい思いをしてきました。


そして今年は絶対抜けるという強い意思とジュニアラストイヤーということからオンライン予選落ちというのは到底許されませんでした。

親はお金がかかるから東京には行きたく無かったと思いますがゴリ押し(雪崩連打並感)して行けるようにしました。
()